サービス一覧

iphoneは見た目は手のひらサイズですが、精密機械の塊です。非常に小さな部品が使われているため、iphone修理をするときには1週間から10日間ほどかかるのが通例となっています。機種そのものをお預かりするため、大型連休や盆暮れを挟んでしまうとさらに伸びることもあります。なぜ最低でも1週間かかるかというと、まずどこに不備があるのかを検査する必要があります。たとえ画面が割れただけでもその衝撃で他の部分にも影響が出ている可能性もあるため、きちんと検査する必要があります。

そして、通常の場合は修理はほとんど部品の交換となります。小さな部品であるため、特殊な技術や工具が必要となることも少なくありません。そのため、修理は特定の工場に搬送されて行われます。iphone修理が終われば、再度検査されて合格すると持ち主の下へ届けられます。つまり、搬送・検査・部品の交換などいくつかの工程を経なくてはいけないため、最低でも1週間ほどの期間を要してしまいます。もちろん、その間代わりのiphoneを貸し出すところもあります。